あれ? 本番だったのか・・・

ストックフォトで億万長者を目指すおいらですが,ここで大きな間違いを犯していることが判明。

億万長者への道に,早くも黄色信号か!?

とっくに入門試験はパスしていた!

PIXTAで写真販売を始めるには,「入門試験」が必要です。

まずは,基本的な注意事項や知識を学ぶ「基礎講座」を受講します。

10ページほどからなる基礎講座をよく読んだ後は,その内容を確認するテストがあり,全問正解すると次のステージに進むことができます。

続いて,写真技術の出来栄えを審査するために,自信のある3枚の写真を送付したのです・・・,どうも違っていました。

数年前のPIXTAはこのような手続きだったのですが(なので,古い本にはこう書いてある),現在は,写真技術の審査は省略されていて,先ほどの確認テストが最後の関門だったのです。

まとめるとこんな感じです。

項目 今の入門試験 昔の入門試験
基礎講座 あり あり
確認テスト あり あり
技術確認 なし 写真提出

なので,おいらは零れ落ちる豊かな才能によって,すでに入門試験をパスしていたのです!

まぁ,事前の基礎講座でやったことが全部そのまま出るだけなので,実は誰でも合格できるのですが。何度でもできるし・・・(笑)

pixta-test.jpg

とっくにストックフォトデビューしていた!

ということは,入門試験の最後の関門と思ってPIXTAに提出していた写真3枚は,実は最初の販売用写真の申請だったのです。

入門試験のつもりだったのですが,すでにプロデューしていたということです。

スーパーストックフォトグラファーShiroの誕生です(^^)

恐るべし,おいらの溢れる才能です(というか,おっちょこちょいですが)。

とは言え,今やることは特になく,最初の販売用写真の審査結果を座して待つのみです。

早く結果が来ないかな~(^^)

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へにほんブログ村に参加しています(^^)
スポンサーリンク
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:すと 投稿日:2015/05/23(土) 12:49:53 ID:fc4c73c34 返信

    おそらく一枚も審査通りません。
    自分もでしたから。
    今は厳しいですよ。請負撮影より、ずっと厳しい設定で、もう、時間の無駄でした。肖像権が理解できてよかったですが。

  2. 名前:らりるれろ 投稿日:2015/05/24(日) 05:58:28 ID:6f77e01d2 返信

    マイナビのストックフォト長者への道を真似てるんだろうけど、痛々しいから路線変更した方がいいっすよ苦笑
    ストックフォトしてる人の大半はあの記事知ってますから笑

  3. 名前:Shiro 投稿日:2015/05/24(日) 22:56:30 ID:93e85f552 返信

    >らりるれろさん
    コメントありがとうございます。
    ありゃぁ,確かにそっくりな感じで,タイトルからしてあかんですね。
    もともと,別のブログを13年前からやっているのですが,ずっとこんな調子で書いてきています。
    そちらが2000記事・10000コメントを超えてシステムがべらぼうに重くなってきたので,去年の9月に思い立って,こちらのSo-netブログに挑戦してみました。
    ご紹介のブログ(?)は,ストックフォトを始めるときに色々見た中にはあったかと思うのですが,確かに向こうの方が面白そうだし人気もありそうですね。
    記事の量もべらぼうのようですし・・・。
    本職(?)のようですから,真似できるレベルではないですが,いかんせん,タイトルからしてまずいので変えてしまいましょう。
    「道のり」がいいか「道」がいいか悩んだりしていたのですが,そもそも似すぎですね。
    まぁ,大した目的もなくのんびり書いているだけですが,よかったらこれからもよろしくお願いします(^^)

  4. 名前:Shiro 投稿日:2015/05/24(日) 23:02:48 ID:93e85f552 返信

    >すとさん
    コメントありがとうございます!
    まだ紹介していない(次回くらいかな?)のですが,一応,最初の3枚は無事通過でした。
    もちろん,「これは売れるよ!」という合格ではなく,「PIXTAに載せるだけの最低ライン」合格ですが(^^;)
    今のところまだ200枚ちょっとですが,NGは10枚くらいありました。
    NGを貰うと,結構凹むこともありますね。
    肖像権やロゴの映り込みでのNGなら「PIXTA基準に届かなかったかぁ」ですが,カメラ技術でNG(被写界深度,撮像素子ゴミ,ピントとか)だと,なんだか「お前はダメ!」と言われているようで,がっくりきますね。
    おいらの場合は,特に被写界深度の浅さをよく指摘されています。なかなか直せないのですが・・・(^^;)
    まぁ,最近は申請の手間を減らす工夫もできるようになってきたので,暇つぶし感覚でやるようにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です